【5月】販促カレンダー
5月はゴールデンウィークや母の日といったイベントが続きます。気候は、爽やかな晴天が続き、下旬には気温25℃を超える日も多くなります。クールビズや梅雨対策に関する打ち出しをする時期です。また、中旬以降はお中元商戦も開始します。
5月に使えるLINE@(ラインアット)のメッセージ例をご紹介します。

5月販促カレンダー


5/ 2:八十八夜
5/ 3:憲法記念日
5/ 4:みどりの日
5/ 5:こどもの日
5/13:母の日

5月上旬( 1日~10日):ゴールデンウィーク本番、母の日商戦ピーク
5月中旬(11日~20日):お中元商戦、父の日商戦
5月下旬(21日~31日):クールビズなど初夏の準備、梅雨対策
5月のメッセージ例
まとめ


5月上旬は「ゴールデンウィーク本番、母の日商戦ピーク」


●ゴールデンウィーク本番
近年、ゴールデンウィークは遠出をせずに過ごすという人も増えているようです。ゴールデンウィーク中はそのような人を意識し、レジャーやピクニック向けの食材・雑貨の紹介、家族での外食プランなど、近場でも楽しめる提案をしてみましょう。

また、この時期の新規客は、旅先での入店など1回限りの利用となりやすく、リピーターになりづらいことが考えられます。このため、新規客への割引施策ではなく、リピーターの方に楽しんでいただけるような工夫をするとよいかもしれません。ゴールデンウィークはこどもの日もあるため、お子さま連れでも気兼ねなく楽しめる企画であれば、お客さまも足を運びたくなるのではないでしょうか。

●母の日商戦ピーク
5月第2日曜日の母の日に向け、商戦はピークを迎えます。直前にプレゼントを用意する人も多いため、手軽で買いやすい商品を展開し駆け込み需要に備えましょう。その際、お客さまの予算に応じ、価格帯別にギフトを展開しておくと、お客さまも探しやすく手に取りやすいでしょう。

また、お父さんとお子さまたちでご飯を作ったり、美味しいものをサプライズでお取り寄せしたり、母の日を家族イベントとして楽しむ提案もよいでしょう。

5月中旬は「お中元商戦、父の日商戦」


●お中元商戦
地域にもよりますが、お中元は7月上旬から15日ごろまでに贈るのが一般的です。お中元ギフトの予約承りや告知掲載は5月3週目頃から始まり、百貨店のギフトセンター開設は5月最終週頃から本格化します。
お中元ギフトに適した商材を扱っている店舗は、早割などを用意しつつ告知を開始しましょう。

●父の日商戦
父の日は6月第3日曜日ですが、5月中旬頃から商戦が始まります。通販サイトでは、地ビールや日本酒、うなぎ、和菓子、父の日向けのお弁当などの人気が高いようです。

実店舗では、お洒落なお父さんにはシャツやネクタイ、運動に励むお父さんにはスポーツウェア・小物や健康志向の食材といったギフトを展開しましょう。

また、母の日同様、家族との外食など、モノだけでなく一緒に過ごす体験の提案もよいでしょう。

5月下旬は「クールビズなど初夏の準備、梅雨対策」


●クールビズなど初夏の準備
5月中旬以降は25℃以上の日も多くなります。クールビズ対策の衣類はもちろん、UV対策関連商品、夏向けのインテリア用品などの商品をお客さまに訴求しましょう。

また、新茶を摘み始める日とされるのが、5/2の八十八夜。新茶はもちろん、抹茶を使ったお菓子などが店頭に並びます。初夏を代表する食材としてはカツオも有名です。初夏の旬の食材を、タイミングを逃さず配信に入れましょう。

●梅雨対策
梅雨が近くなる5月下旬は、防湿剤の入れ替えや害虫対策を行う時期。このような商材を扱っている店舗は、本格的な梅雨のシーズン到来前に準備を促す告知をしましょう。

5月のメッセージ例


●飲食店のゴールデンウィーク向けメッセージ

5/5はこどもの日♪
ゴールデンウィーク期間中にご家族でご来店いただくと、
お子さま用のおみやげをプレゼント!
当店では、お子さま用メニューやお飲み物もご用意しております。
ぜひご家族みなさんでご来店ください。
配信タイミング:5月上旬


●アパレル系の父の日向けメッセージ

\6/17は父の日/
こだわり派のお父さんも喜ぶプレゼント
今年は上質なネクタイを贈りませんか?
父の日ギフトをお買い上げの方には、オリジナルメッセージカードをお付けします。
さらに、5月中のお買い上げで10%OFF!
配信タイミング:5月中旬から


●ドラッグストアの梅雨対策向けメッセージ

梅雨でも快適に!
当店ではただいま、防湿・防虫やデオドランド対策のグッズを強化中!
お子さまのお弁当の食中毒対策には、お弁当フィルムシートがおすすめです♪
配信タイミング:5月下旬


まとめ


5月は、ゴールデンウィークや母の日など大きなイベントがある前半と、お中元・父の日商戦や梅雨対策が開始する後半に分けられます。前半は、即時性の高いLINE@のメッセージ配信を活用して駆け込み需要に対応しましょう。後半は、早い段階でギフトを探し始めるお客さまに早割などのクーポンを付けて集客につなげていくとよいでしょう。



この記事は参考になりましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら