【2月分】販促カレンダー
1年で最も寒いとされる2月。寒さから街中を出歩く人も少なくなりがちで、店舗への集客が難しい月間の一つです。2月の行事やイベントに絡めたメッセージを配信するなど、LINE@(ラインアット)を活用してお客さまを誘導しましょう。

2月販促カレンダー


2/3 :節分
2/4 :立春
2/14:バレンタインデー
2/19:雨水

2月上旬( 1日~10日):節分、バレンタイン
2月中旬(11日~20日):春物、ひな祭り商戦
2月下旬(21日~28日):新生活
2月のメッセージ例
まとめ


2月上旬は「節分、バレンタイン」


●節分
節分に食べるものとして定着してきた恵方巻。贅沢素材を利用した恵方巻やスイーツで作った恵方巻など、年々バリエーションも豊富になってきています。自店の特徴を活かした限定メニューを展開し、LINE@で告知をしてみてはいかがでしょうか。(なお、2018年(平成30年)の恵方は南南東です。)

また、飲食店などでは、節分に行われる豆まきを店舗で実施する、という施策も考えられます。店舗側が趣向を凝らすことで、参加者同士がつながりリピーター化することもあるでしょう。「ここでしか体験できない時間」を経験したお客さまは、イベント以降も店舗に足を運んでくれるファンになってくれるかもしれません。

●バレンタイン
近年、女性同士でもチョコを贈るなど、普段お世話になっている人への感謝を表す機会として捉えられる傾向が強くなっているバレンタイン。自分へのご褒美にチョコを買う女性も少なくありません。2018年の2月14日は平日ですので義理の需要は高くなると言えますが、本命・自家需要とターゲットは全方位でカバーし、SNS映えするようなチョコで拡散を狙い集客へつなげましょう。

LINE@を通じて「今なら」「ここだけ」という限定性をアピールすることで他のSNS経由でシェアされる展開も期待できます。
また、商材では、ネクタイや財布、靴下、ブランドハンカチといったものもバレンタインに絡めて提案できます。

2月中旬は「春物、ひな祭り商戦」


●春物
バレンタイン商戦が終わると春物の販売が本格化します。新作の入荷情報をいち早くLINE@で届けましょう。また、入園・入学に関するフォーマルウェアやスーツの販売強化時期でもあります。

●ひな祭り商戦
ひな祭りは3月3日ですが、先行するひな人形商戦は例年2月上旬にはピークを迎えます。ひな人形の飾り付けは雨水=雪が雨に変わり春に向かっていく節目の日に飾るとよいとされており、2018年の雨水は2月19日です。飲食店や小売店では「家族」をキーワードにした外食やホームパーティーの提案をするとよいでしょう。

2月下旬は「新生活」


●新生活
早い時期に進路の決まった新入生、新社会人の部屋探しがこの時期からピークに突入します。空き物件の情報などを配信しましょう。即時性の高いLINE@の1:1トークを活用すれば、内覧の予約から成約までもスピーディーに行うことができます。
また、新生活に関する家電や寝具、インテリア等の商材もアピールに適した時期です。

2月のメッセージ例


●飲食店の節分イベントメッセージ

寒い季節を吹き飛ばす「スゴすぎる豆まき!」でみんなと盛り上がろう
和風ダイニングXXXでは、2月3日節分の日に「スゴすぎる豆まき!」と題したイベントを開催します。イベント当日はお店のスタッフとお客さまで「スゴすぎる豆まき」を実施。何が「スゴすぎる」かは当日のお楽しみ♪
配信タイミング:節分前


●アパレル関係の春物キャンペーンメッセージ

LINE@限定!春の新作キャンペーン♪
こんにちは!まだまだ寒い日が続いていますが、LINE@のお友だちだけにいち早く春の新作をご紹介♪スタッフに「LINE@の友だちです」とお伝えいただくと、店頭には出ていない新作をこっそりおみせします。ぜひご来店ください!
配信タイミング:2月中旬~


●不動産の新生活キャンペーンメッセージ

耳寄り物件情報!進路が決まった学生さんにおすすめの1R、1K物件を集めました。LINE@で個別に内覧予約やご相談も承っています。お気軽にご連絡ください♪
配信タイミング:2月下旬


まとめ


店舗の集客には厳しいとされる2月。イベントの実施や限定メニューの開発には多少なりとも手間がかかりますが、LINE@の配信であれば少ない予算で実施できるので、ぜひ集客に活用しましょう。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら