修正_キッザニア事例ブログトップ写真用
楽しみながら社会のしくみが学べる体験型商業施設「キッザニア」。現実社会の約3分の2サイズに作られた、こどもが主役の街には、実在する企業がスポンサーとなった約60のパビリオンが立ち並び、約100種類のアクティビティを体験することができます。今回は、KCJ GROUP株式会社でマーケティングを担当する岡崎さんにLINE@の活用方法についてお話を伺いました。


――LINE@導入までの経緯を教えてください
2015年の秋頃にLINE@の存在を知り、導入を検討し始めたのがきっかけです。弊社では、リピーターの方に活用いただく、自社アプリがあるのですが、ゲストにご来場していただきたい時に、自社アプリよりも皆様になじみが深く即効性のあるLINE@が適切だと思い導入しました。

クーポン配信でのアクセス率がUP!

――実際に導入されていかがですか?
一番反応が良かった時は、リッチメッセージでクーポンを配信した時でした。今でもメッセージの配信時は、平均で約3割程度のアクセスがあります。アクセス数は、リンクにパラメーターを貼って計測しています。
登録者の方たちは、こちらからのメッセージ配信に対して安定して予約してくださっています。売上にも大きく貢献しているため、登録者の方々とのディスコミュニケーションを起こさないよう、継続的に関係を続けていくことが大切だと思います。
東京の場合、1日の予約数が穏やかな時のゲストの招聘に、即効性のある集客方法として、LINE@の優待クーポンを活用しています。
キッザニア東京街並み画像(先方ご希望写真修正後)

――LINE@の運用の体制について教えてください
2~3人体制で運用しています。東京店と甲子園店に、キッザニアの企画と運用を担当している人が一人ずつおり、東京に統括担当が一人います。
配信内容に関しては、事前に運用担当と内容やスケジュールを話し合い、新パビリオンのオープンや、優待施策などの情報を配信しています。
また、FacebookやTwitterは告知を目的としており、ゲストの予約向上を目的としているLINE@とは使い方を分けています。


――友だち集めはどのようにされていますか?
初めの頃は、手渡しでチラシを配ったり、店内の壁やお客さま用ロッカーにポスターを貼ったりして、友だち集めを行いました。
また、メルマガのフッターに友だち登録の案内を入れたり、Webサイトのトップページにバナーを掲載したりしています。今では、安定して週に300~400人くらいのペースで増えています。 友だち集めポスター


ブロックされないように一度で配信

――運用面で工夫していることや気をつけていることを教えてください
リッチメッセージなどの画像は、ウェブページやチラシで作ったものをチーム内で加工して使っています。配信のタイミングは、予約が入りやすい木曜日か金曜日の夕方(7時~8時)の退社時間を狙って、2週間に1回くらいの頻度で配信しています。
社内からは、ゲスト誘致について様々なリクエストを受けることがありますが、その都度メッセージ配信を行うと頻度が多くなり、ブロックされてしまう恐れがあります。そのため、クーポンを利用できる対象日時を多くすることで、出来るだけ少ない回数の配信で済むように工夫しています。その効果もあってか、ゲストの方々も先の予定を立てやすくなったようで、より多くのお客さまに予約してもらえるようになりました。 キッザニア東京クーポン画像


――今後どのようにLINE@を活用していきたいですか?
キッザニアは、認知度が高い施設ではあるのですが、予約が取りづらいイメージをもたれていると感じています。LINE@の配信で混雑していない日もあることを理解してもらい、来場していただけたらと思います。現在、メッセージ配信で集客を主に行っていますが、今後はタイムラインを活用して、優待クーポン以外の情報も発信していきたいです。 キッザニア_インタビュー画像


――これからLINE@をはじめる方へアドバイスをお願いします
まずは、試してみるのが大切だと思います。LINE@は他のSNSとはお客さまの反応が違い、よりコミットメントが強いメディアだと思います。キッザニアでは、実際LINE@は大きな集客ツールになっていて、予想以上に良かったと感じているので是非試してほしいです。店舗や施設など使う側の目的や、お客さまのニーズもそれぞれに違いがあると思うので、まずは、いろいろな施策を試し、運用しながら学んでいくのが一番早いのではないかと思います。


――ありがとうございました






この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない



参考記事
  
  LINE@の効果検証の方法 通販サイト編        最適な配信頻度・タイミングは?  

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら