「管理者」とは?LINE@の運用権限と種類について
LINE@(ラインアット)は、管理画面にログインできるユーザーを増やし、それぞれに運用権限を付与することができます。

「管理者」とは、LINE@アカウントを運用するためのすべての権限をもつ担当者のことです。管理画面やアプリにログインできる担当者を追加したり、担当者ごとに運用権限のレベルを設定することができます。初めは、LINE@の認証済みアカウントの申込み申請を行った方、およびLINE@の一般アカウントを開設した方が自動的に「管理者」に設定されます。

ここでは、「管理者」を含めた運用権限の種類について解説していきます。

運用権限の種類


LINE@を開設した人=アカウントの「管理者」は、自分以外に、LINE@アカウントの管理画面にログインできるユーザーを増やすことができます。
管理画面にログインできる人を増やしたい
【アプリ】管理画面にグインできる人を増やしたい

ログインできるユーザーを追加する際、以下から権限の種類を選択し、付与することができます。
運用権限の種類
【管理者】
アカウントを作成した人に付与される権限で、「管理者」のみ「メンバー管理」(メンバーの追加や削除)や「プロフィール写真の変更」が可能です。

【運用担当者】
「メンバー管理」以外の機能を全て扱える権限です。

【運用担当者(送信権限なし)】
「メンバー管理」と「送信」以外の機能を利用できる権限です。メッセージやホーム(タイムライン)の内容作成は可能ですが、実際に配信する作業は行えません。

【運用担当者(統計権限なし)】
「メンバー管理」と「統計情報」以外の機能を利用できる権限です。管理画面内の統計情報を閲覧することができません。

※「運用担当者」のユーザーを「管理者」に変更する場合、そのアカウントの「管理者」が、 [アカウント設定] > [ログインユーザー管理] から運用担当者の「権限を削除」を選択し、運用担当者の権限を削除した後、「管理者」の権限を新たに付与してください

LINE@担当者が注意すべきこと


「管理者」であるLINE@担当者は、以下の点に注意しましょう。

・個人のLINEアカウントを不用意に削除しない
LINE@の管理画面には、個人のLINEアカウントのメールアドレス・パスワードでログインします。このため、「管理者」であるLINE@担当者が不用意に個人のLINEアカウントを削除してしまうと、管理画面にログインできなくなるだけでなく、自分以外にログインできるユーザーを追加することもできません。
※「運用担当者」が個人のLINEアカウントを削除してしまい、再度ログインが必要な場合は「管理者」に追加してもらってください。

・責任を持ってアカウントを管理する
ログインできるユーザーを増やした際、LINE@担当者は、誰にどの権限を付与したかを把握し、責任を持って管理しましょう。上記の表にもある通り、「管理者」はLINE@アカウントの運用に関するすべての権限を持っています。自分以外に「管理者」を増やす場合は、LINE@について理解している人に権限を付与することが望ましいです。

・管理者を交代する場合は引継ぎを必ず行う
「管理者」が不在または退職または誰かわからなくなってしまうと、管理画面にログインできる人が存在しなくなりLINE@アカウントの運用ができなくなってしまいます。「管理者が誰かわからずLINE@の管理画面にログインできなくなってしまった」というお問い合わせは特に多くありますので、退職や異動等で管理者を変更する場合、LINE@担当者は引継ぎを必ず行いましょう。

【引継ぎで行うべきこと】
1.自分以外の人に「管理者」の権限を付与する
 → 管理画面にログインできる人を増やしたい
 → 【アプリ】管理画面にログインできる人を増やしたい
※予め「管理者」を複数の人に設定しておくと、万が一引継ぎをせずに管理者が変更になった場合も他の管理者が継続して運用することが可能です。ただし「管理者」にはすべての権限が付与されるため、複数の人に設定する場合はきちんと社内で検討し、慎重に人選を行いましょう。

2.自分以外の人に「決済者」を設定する
 → 決済者の設定
 → 決済者の変更(「××××××@l.ine」という形式のメールアドレスでログインしている場合)

  3.「LINE@で生み出している効果や重要性」を伝える
ログインの仕様等だけでなく「LINE@で生み出している効果や重要性」を伝えることが、継続した運用のためには必要です。

まとめ


LINE@の継続した運用とその先にある効果を獲得するためには、これまでご説明してきたことをLINE@担当者が理解し、担当を離れることになった場合は責任を持って次へ引継ぐことが重要です。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら