LINE@を求人に活用する方法
LINE@(ラインアット)は求人にも活用できることをご存知でしょうか。近年、飲食・小売業界においては特にスタッフ募集のニーズは高くなってきています。ここでは、LINE@を求人に活用する方法を紹介します。

「メッセージ」で求人情報を配信する


メッセージを使って求人情報をお客さまに配信することで、簡単に求人募集がかけられます。

LINE@のアカウントを友だち追加しているお客さまは、他記事でも述べた通り、店舗・企業のリピーターやコアファンです。もともとその店舗・企業に興味がある・ファンであるため、マッチした人材が応募してくれる可能性は高く、採用率も高くなります。ファンであるということはつまり、「店舗・企業に対する知識があり、なおかつその店舗・企業が好きである」ということなので、長く働いてくれる人材が獲得しやすいということも言えます。

「お客さまに求人情報をメッセージで送るのは大丈夫?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、たいていのお客さまはこのようなメッセージに対し、特にストレスを感じません。

なぜならこれは売り込みではなく、「自分が好きな店舗の方が求人で困っている」というだけの内容のメッセージだからです。

例えば飲食店でこのようなメッセージを送信したとすると、常連のお客さまの何人かから誰かを紹介してもらえるかもしれません。

「ホーム(タイムライン)」に求人情報を投稿する


お客さまが見たい時に情報を見る「ホーム(タイムライン)」に、求人情報を投稿します。長めのテキストも掲載できる「ホーム(タイムライン)」ですので、求人の詳細な内容も記載することができます。

「1:1トーク」で質問への回答・日程調整をする


お客さまと個別にやり取りのできる「1:1トーク」を利用すれば、お客さまからの求人に関する質問に答えたり、面接の日程調整をしたりできます。

LINE@の費用だけで求人募集ができる


求人募集は広告費などを考えると、実際に高いコストを支払わなければなりませんが、LINE@はプラン別の月額料金のみで求人募集ができます。

<LINE@の有料プラン月額料金>
フリープラン:無料
ベーシックプラン:5,400円/月
プロプラン:21,600円/月

また、LINE@は店舗・企業にマッチした人材を集めたいというニーズにも対応することができます。

まとめ


LINE@は基本的には集客用のコミュニケーションツールですが、集客と同時に「求人」にも使えます。店舗や企業のコアファンに求人情報を送ることで、採用率も高くなる可能性が高いので効果的です。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら