LINE@の効果検証の方法 通販サイト編
LINE@(ラインアット)の運用を進める中で、実際にどのくらいの効果が出ているのか、検証したいという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、通販サイトにおける効果検証の方法について解説していきます。LINE@の効果を検証することによって、さらなる売上アップのための改善策を考えやすくなるでしょう。

外部の計測ツールを利用する


通販サイトを運営されている方であれば、効果測定のためにGoogle アナリティクスを利用しているケースは多いでしょう。URL生成ツールなどでパラメータを作成し、他の施策とまとめてLINE@経由の効果を計測することができます。
※利用されるツールは自己責任でご利用ください。

Google アナリティクス
https://www.google.com/analytics/

URL 生成ツール
https://support.google.com/analytics/answer/1033867

GoogleのURL短縮サービス
https://goo.gl/
URL生成ツールでパラメータを付与した場合、URL自体が長くなるため、短縮を推奨しております。

LINE@限定クーポンコードを発行する


LINE@限定のクーポンコードをメッセージで配信すれば、そのクーポンコードの利用数がLINE@の効果と考えられると思います。外部の計測ツールなどを使わず、通販サイトに備わっている仕組みを使って手軽にLINE@の効果を測定したい場合におすすめの方法です。
※複雑なクーポンコードは避けられる傾向がありますので、4桁程度を推奨。

もしくは、通販サイトのシステムで、シークレットページを生成できれば、そのURLをLINE@限定で配信する手段もあります。この場合はシークレットページから購入したお客さまの数がLINE@の効果です。

ただしシークレットページのURLが流出してしまうと、LINE@の効果がわからなくなってしまいますので注意しましょう。

見るべき指標の例


配信後、パラメータを付与したURLからどれだけのセッションがあったのか、Google アナリティクスで分析します。

<よく見る指標の例>
・セッション数
・コンバージョン率
・目標完了数
・目標完了値
など

例えばメッセージの配信数に対してセッション数が少なかった場合は、メッセージ内容がお客さまに訴求するものになっていない可能性が高いです。

お客さまにクリックしてもらうためにはどのようなメッセージやクリエイティブ(画像)を配信すればよいのか、ということについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
[ メッセージの配信内容・企画の考え方 ]
[ 反響の良いクリエイティブ(画像)の作り方 ]

コンバージョン率が低い場合は、LINE@の配信でアピールしているポイントと、リンク先の通販サイトの内容があまりマッチしておらず、お客さまに「配信を見て期待した内容と違う」と思われてしまっている可能性があります。配信でアピールするポイントが通販サイト内でもわかりやすく表示されているか、確認してみましょう。

【応用編】
性別・年齢・地域・新規率など比較すると、より課題や可能性を発見できることがあります。

数値の比較対象


LINE@経由の数値と、他のSNS経由・メルマガ経由と比べてみましょう。

しかし、始めたばかりのLINE@と、今まで獲得してきたフォロワー数の多いSNSや会員数の多いメルマガ会員と比較しても、囲い込んでいる人の数が異なります。このため、目標完了数や経由売上以外にも、クリック率(CTR)や購入率(CVR)などの「情報伝達力」「売上発生させるポテンシャル」を確認すると良いかと思います。

まとめ


WEBサービスを行う事業者であれば、LINE@の効果を計測することは必須です。必ず計測を行いましょう。計測手段としては、Google アナリティクスなどの外部の計測ツールを利用する方法や、LINE@限定クーポンコードを発行する方法があります。

比較対象は他のSNSかメルマガが分かりやすいですが、始めたばかりのLINE@では友だちが少ないためまずはCTR、CVRを比較しましょう。基準値を把握できれば、改善への取り組みをしやすくなります。紹介した方法を使って効果を検証し、売上アップにつなげましょう。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら