ブロックについて
LINE@(ラインアット)を運用する中で、友だちがある程度集まってくると、「ブロック」が気になる、という方もいるのではないでしょうか。中には、ブロックが怖くてメッセージ配信をできる限り控えているという方もいるかもしれません。

今回は「ブロック」について解説していきます。ブロック率を減らす工夫をしながらメッセージ配信を積極的に継続し、売上に繋げましょう。

ブロックとは


「ブロック」とは、お客さまが店舗や企業のLINE@アカウントを友だち追加した後、メッセージ受信を拒否するために行う操作のことです。ブロックの理由としては、店舗や企業からの配信を受け取りたくない、ということが考えられます。

ブロックの操作自体は簡単に行えるようになっていますので、お客さまは、メッセージ配信側が考えるよりもずっと気軽にブロックをしていると考えてください。

なぜブロックされるのか


ブロックされてしまう理由としては以下のことが考えられます。

・期待した以上の情報が送られてこない
・メッセージが届くタイミングが合っていない

ブロック率10~30%はよくあるケース


では、ブロック率の基準値はどの程度なのでしょうか。
業種、商材、友だちの集め方、運用方針によっても異なりますが、10~30%程度であればよくあるケースといえます。

友だちを増やし、メッセージ配信を定期的に行っているLINE@のアカウントにおいて、ブロック率「0%」というアカウントは殆ど存在しません。「ブロックは必ず発生してしまうものである」ということは念頭に置いたほうがよいでしょう。

ブロック率を抑えるためのポイント


ここでは、実際にブロック率を抑えるためのポイントをご紹介します。

・配信内容
・配信日時、タイミング、頻度
・配信前後のブロック数比較

友だち追加してくれているお客さまに合った適切な配信をすることは大切です。「次回のメッセージで特別クーポンを配信します」など次の配信への期待を盛り込みましょう。LINE@限定の特典を用意することが難しい場合は、現状のキャンペーン企画をLINE@先行で行うなど今ある企画を加工することでも対応できます。友だち追加してもらう前にどのような配信をするか伝える、ということも有効でしょう。

また、LINE@の統計画面では、友だち追加数やブロック数が確認可能です。
統計画面で確認できるブロック数を友だち追加数で割ると、ブロック率が算出できます。ブロック率が普段より上がっている時の配信に注目して原因を追及しましょう。

このように試行錯誤することで、ブロックされにくいメッセージ配信とはどのようなものかが見えてきます。メッセージを配信しなくなってしまうと、このような改善につなげられる数字も得られません。より良いメッセージ配信を見出すためには、継続的な配信が必要です。

「メッセージの配信内容・企画の考え方」については、こちらの記事で基本的な考え方をご紹介していますのでご覧ください。
配信ごとにお客さまの反応をみつつ、ブロックを発生させないためにはどのような配信が適切か、を考えることに知恵を絞りましょう。

まとめ


LINE@でのブロック率の基準値は、10~30%程度です。LINE@を運用する中でブロック率「0%」はほぼあり得ません。メッセージ配信を継続することで、統計情報からブロック率の変化を分析し、より良いメッセージにしていけます。

ブロックの数を怖がらず、お客さまが喜んでくださる配信を第一に考え、継続しましょう。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら