事例ブログトップ写真用
愛知県小牧市にあるドレスアップカーショップ「かねまつ自動車 小牧インター店」。
中古車の販売や買い取りはもちろん、整備や車検、購入後のドレスアップなど、アフターサービスも充実しています。さらには愛知県だけでなく、全ての都道府県に陸送納車を行っています。今回は店長の杉本さまにLINE@の活用方法についてお話を伺いました。


 この記事のポイント 
LINE@を導入して、問い合わせ数が増加!
LINE@経由で月6台の成約、売上は約600万円!
1対1の接客こそ、LINE@は活用するべし


――LINE@導入までの経緯を教えてください
株式会社プロトコーポレーションさんから、クルマのポータルサイト「グーネット」とLINEが連動し、お客さまがLINEからの問い合わせも可能になることを聞きました。今までは、スタッフの個人アカウントでお客さまとのやりとりをしていて、定休日や時間外の問い合わせも多く困っていたので、早い段階でLINE@の導入を決めました。


LINE@を導入して、問い合わせ数が増加!

――実際に導入されていかがですか?
LINE@を導入した後は、問い合わせ数がかなり増えました。
例えばメールの場合、名前や住所などを入れないと問い合わせができないため、お客さまにとって手間がかかりハードルが高くなってしまいます。しかしLINE@の場合は、「LINE問い合わせ」ボタンを押すだけで簡単に問い合わせをすることができます。また、LINE自体、普段から使われているコミュニケーションツールなので、問い合わせのハードルが下がり、問い合わせ数が増えたのだと思います。
LINE問い合わせ画像
また、メールでの問い合わせと比べるとお客さまの返信のスピードが早いですね。みなさん、スマートフォンはいつでもどこでも手にしているので、本当に返信が早いです。


LINE@経由で月6台の成約、売上は約600万円!

――問い合わせから成約につながったことはありますか?
LINE@導入後は、定期的に成約につながっています。特に今年の2月(2017年)には、LINE@経由で6台も成約になり、売上は約600万円もありました。平均するとLINE@でお問い合わせいただいた方のうち、半数以上の方にご購入いただいています。


――LINE@から問い合わせをされたお客さまの特徴はありますか?
問い合わせ自体は若い方が多いです。ただ、他の問い合わせからご連絡いただいた年配のお客さまでも、購入後から納車までのやりとりはLINE@で行っています。私たちの商品はご購入から納車までの間にもいろいろと連絡が必要になります。その際、LINE@だと写真も簡単に送ることができるので、すごく便利です。40~50代の方でも普段からLINEを使っている方が増えてきているので、LINEでのやりとりに関しては抵抗がないようです。


――運用面で工夫していることや気をつけていることを教えてください
グーネットのサイト上に、かなりの枚数の車の写真を掲載しています。だいたい1車種に対して40枚ぐらいです。また金額も総額表示をし、最終的な購入価格が分かるようにしています。購入する際の判断材料を、お店側から漏れなく情報提供するように気をつけています。そうすることで、実際に来店しなくても、ある程度購入するイメージを持って、問い合わせをしてくださいます。
また、LINE@の場合、文面だけでのやりとりになるので、お客さまの表情が分からないところが難しいです。なので、文章に絵文字を入れてみたり、スタンプを送ってみたりして、親近感がわくように心がけています。お客さまからもスタンプを送ってもらえたりすると、距離が縮まった感じがして嬉しいです。
DSC_0940


1対1の接客こそ、LINE@は活用するべし

――これからLINE@をはじめる方へアドバイスをお願いします
当店のように特殊な車を扱っているところは、万人を相手にする商売ではないので、LINE問い合わせのように、1対1でやりとりができるツールはとても役に立っています。LINE自体がお客さまの一番身近にあるコミュニケーションツールなので、問い合わせの入口のハードルも低く、お店側も気軽に始められるので、特にお客さまとの1対1でのやりとりがある企業の方は、ぜひ始めてみてください。


――ありがとうございました




この記事は参考になりましたか?

はい   いいえ




このアカウントは、SMEパートナー 株式会社プロトコーポレーションがサポート・コンサルティングを行っております。


LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら