運用に困ったときのサポートは?
LINE@(ラインアット)をはじめてみたいけど、運用に不安が…サポートはあるの?という方もいるかと思います。新たにツールを導入する上で、ほとんどの方が直面する悩みではないでしょうか。ツールを導入する際には、価格や機能だけでなく、サポート体制も重要な選定条件になります。LINE@では、以下4つの運用サポートをご用意しています。

1. LINE@マニュアル


LINE@では、webマニュアルを用意しています。
このサポートページをご覧いただくことで、初期設定の方法やログイン方法、メッセージの送信やクーポンの作成方法、ショップカードの作成方法など知ることができます。カテゴリーも細かく分かれているため、知りたい内容を見つけやすくなっています。使い方がわからない時は、まずwebマニュアルを参照いただくと、解決できることが多いでしょう。

2. お問い合わせ窓口


webマニュアルとあわせて、ヘルプページもご参照ください。

ヘルプページをご覧いただいても問題が解決できない場合は、問題報告フォームからお問合せいただけます。問題報告フォームでは、ご利用のデバイスやサービスの種類、カテゴリー、詳細をプルダウンメニューから選択し、具体的にどのようなトラブルが発生しているかテキストフォームに記入していただきます。また、トラブルが発生しているLINE@のキャプチャー画像も添付できます。

3. LINE@カレッジ(全3メニュー)


LINE@カレッジ」という、LINE@導入済みの方に向けた講座もあります。webマニュアルなどには掲載されていない運用のノウハウなど知りたい場合は、このLINE@カレッジがおすすめです。

ステップに合わせ「初期設定」「友だち集め」「アプローチ」の3種類の講座があります。「初期設定」では、LINE@の運用を始めて間もない方に対して、初期設定の方法を一通りご確認いただけるようになっております。「初期設定」の受講が完了した方には、「友だち集め」「アプローチ」といった講座もあります。「友だち集め」では、そのノウハウをご紹介します。また、「アプローチ」では、お客さまへの効果的なアプローチ方法を、他社事例も交えより実践的な内容でお伝えいたします。

以上の講座でLINE@の活用方法を学ぶことができます。

4. 正規代理店による運用サポート


別途費用が必要になりますが、正規代理店に運用サポートをお願いするという手段もあります。
LINE@の正規代理店は電話サポートや配信代行、ノウハウの共有などを行ってくれます。自社だけでは対応しきれないLINE@の業務を、正規代理店などに任せることで、繁忙期などでも運用をまわしていくことができます。LINE@では正規代理店をゴールド、シルバー、ブロンズの3つにランク付けしています。正規代理店の選定の際に参考にしてみるのも良いかもしれません。

まとめ


LINE@の運用に困った際は、上記4つのサポートを利用できることを覚えておきましょう。困ったら、まずwebマニュアルやヘルプページを参照し、それでも解決しない場合は、問題報告フォームを利用してみてください。また、より効果的な運用を実現するために、LINE@カレッジを受講したり、費用がかけられる場合は正規代理店のサポートを利用したりするのも良いでしょう。

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら