最適な配信頻度・タイミングは?
LINE@(ラインアット)でお客さまに情報を発信する際、「配信内容」が重要であることはお伝えしてきましたが、もう一つ、考慮すべきことがあります。「配信の頻度・タイミング」です。適切な配信頻度・タイミングについて、これから解説していきます。

お客さまにストレスを与えない頻度


お客さまに情報発信する際は、お客さまにストレスを与えない頻度やタイミングで配信しましょう。ブロックや飽きられてしまうことを避けるためにも、この点を意識することは大切です。LINE@で情報発信する手段として、「メッセージ」機能と「ホーム(タイムライン)投稿」機能がありますが、どちらの機能を使うかによって、適切な頻度やタイミングは異なります。
最適な配信頻度・タイミングは?_2
※PUSH、PULLの意味については後述

お客さまのライフスタイル・行動パターンに合わせて配信


メッセージは「PUSH型」のマーケティングです。お客さまが一番メッセージを読みやすい、内容が刺さりやすいタイミングを意識することで、伝達率は高くなります。

時間帯は、
・主婦層向けの商材は、昼食の後の一息つく12~15時頃
・社会人向けの商材は、通勤時の9時、昼食の12時、帰宅後の18時~22時頃
・学生向けであれば、22時以降も許容範囲


加えて、季節、天気、気温によってもメッセージの受け取り方は変わります。
・「今日は猛暑日ですね。本日限定キンキンに冷えたビール1杯無料です」
・「母の日プレゼントまだ間に合います!キャンペーン」
・「雨の日キャンペーン!お客さまが少ないので今日は奮発2皿無料です」


お客さまが受け取りやすい時間・曜日、そして喜んでくれそうなタイミングで配信すると効果的かと思います。

「ホーム(タイムライン)投稿」は積極的に


ホーム(タイムライン)投稿は、PUSH型のメッセージに対して、PULL=引っ張る=来てもらうイメージです。お客さまに自発的に見に来てもらうタイプですので、伝達率はメッセージほど高くありませんが、お客さまにストレスを与えることは殆どないので、毎日、最低でも週1回、積極的に投稿しましょう。

例えば、飲食店であれば、1週間ごとの店舗のランチタイムメニューやおすすめメニューの紹介を投稿してもよいでしょう。お客さまは店舗に行かなくてもある程度メニューがイメージできるため、投稿をみて店舗へ足を運ぶ、という行動につなげることができます。

まとめ


以上、最適な配信頻度やタイミングについて解説してきました。お客さまへの配信頻度とタイミングを適切なものに変えるだけで、効果が上がる可能性は高いです。まずはメッセージごとに「ターゲット層」「メッセージの種類(PULL/PUSH)」で分けてベストな頻度とタイミングを見極めましょう。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない



LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら