最適な配信頻度・タイミングは?
LINE@(ラインアット)でお客さまに情報を発信する際、「配信内容」が重要であることはお伝えしてきましたが、もう一つ、考慮すべきことがあります。「配信の頻度・タイミング」です。適切な配信頻度・タイミングについて、これから解説していきます。

お客さまにストレスを与えない頻度


お客さまに情報発信する際は、お客さまにストレスを与えない頻度やタイミングで配信しましょう。ブロックや飽きられてしまうことを避けるためにも、この点を意識することは大切です。LINE@で情報発信する手段として、「メッセージ」機能と「ホーム(タイムライン)投稿」機能がありますが、どちらの機能を使うかによって、適切な頻度やタイミングは異なります。
最適な配信頻度・タイミングは?_2
※PUSH、PULLの意味については後述

「メッセージ」はお客さまの来店頻度を参考に


メッセージは「PUSH型」の配信になります。PUSH型とは、お客さまに直接情報を届けるタイプのものです。お客さまが日常的に家族や友人とやり取りをしているLINE上に直接メッセージが届きますので、伝達率は高くなります。

メッセージに気付かせる力が強い反面、ストレスを与えてしまいブロックにつながりかねません。お客さまの状況をイメージして配信頻度に特に気を配りましょう。業種や商材によって適切な頻度は変わってきますが、普段、お客さまが来店される頻度を基に考えるとよいでしょう。

例えば、スーパーマーケットの場合、お客さまは毎日もしくは週2~3回は利用されるので、メッセージが週2,3回届いてもブロックされにくいですが、美容室の場合、1~3ヶ月に1回程度の利用ですので、週2,3回届いてしまうと過剰な印象を与えてしまう可能性が高いでしょう。来店頻度の間隔が空くような業種の場合は、1ヵ月に1~2回程度は配信を行い、店舗や企業を思い出してもらうとベストです。

「ホーム(タイムライン)投稿」は積極的に


ホーム(タイムライン)投稿は「PULL型」の配信になります。PUSH型のメッセージに対して、PULL=引っ張る=来てもらうイメージです。お客さまに自発的に見に来てもらうタイプですので、伝達率はメッセージほど高くありません。その分、お客さまにストレスを与えることは殆どないので、毎日、最低でも週1回、積極的に投稿しましょう。

例えば、飲食店であれば、1週間ごとの店舗のランチタイムメニューやおすすめメニューの紹介を投稿してもよいでしょう。お客さまは店舗に行かなくてもある程度メニューがイメージできるため、投稿をみて店舗へ足を運ぶ、という行動につなげることができます。

メッセージ配信のタイミング


これまで解説してきた「頻度」に続き、「いつ」「何時頃」といったタイミングを考えることも重要です。

・いつ送るか
「いつ」というタイミングを決める際は、配信したい内容によって決めるとよいでしょう。
例えば、「土日開催のイベント」の告知をする際、直前の金曜日に送ってしまうと、お客さまはすでにスケジュールを組んでしまった後で告知されても行けない、ということが想定できます。どのくらいの猶予があればお客さまの行動に組み込んでもらえるかを考慮して、「いつ」というタイミングを決めましょう。

・何時頃送るか
「何時頃」を決める際は、配信したい対象を思い浮かべましょう。
例えば、「主婦」の方に届けたい場合、主婦の方の行動パターンをイメージします。平日朝であれば家族を送り出した後に一段落する9時~11時頃、夜であれば夕食も終わった後の20時以降などが想定できます。「サラリーマン・OL」の方に届けたい場合は、通勤電車に乗っていそうな朝の8時~9時頃やお昼休みの12時頃、夜の19時頃などが考えられます。
お客さまの行動パターンが把握できなければ、9時・12時・18時といったwebアクセスが高くなる時間帯に配信するとよいでしょう。

まとめ


以上、最適な配信頻度やタイミングについて解説してきました。お客さまへの配信頻度とタイミングを適切なものに変えるだけで、効果が上がる可能性は高いです。まずはメッセージごとに「ターゲット層」「メッセージの種類(PULL/PUSH)」で分けてベストな頻度とタイミングを見極めましょう。

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら