メッセージの配信内容・企画の考え方
LINE@(ラインアット)の運用をする中で、配信内容に頭を悩ませる方もいることでしょう。ここではメッセージの配信内容・企画の考え方について解説していきます。

メッセージの配信内容を考える際のポイント


配信内容を考える際のポイントは以下4つです。

1. LINE@の配信対象者は「リピーター」
2. メルマガ、他のSNSで投稿したものと同じ内容は避ける
3. 過去成果が出た配信内容を参考にする
4. お客さまが喜ぶ配信以外は必要なし


この4つのポイントに関して、これから詳しく解説していきます。

配信対象者を意識する


LINE@は店舗や企業のアカウントを友だち追加してくれたお客さまに対して情報発信できるツールです。

友だち追加してくれたお客さまというのは、来店客や自社サイト訪問者であり、少なからず店舗や企業に興味を持っているお客さまやコアファンといえます。このため、LINE@の配信対象者は「リピーター」となります。

この「リピーター」であるお客さまに対して、求めている情報や喜んでいただけるメリットを提供できるかがポイントになります。

LINE@にはアンケート機能もありますので、お客さまがどのような情報を求めているか把握できない時には、お客さまに尋ねてみるだけでも、ひとつの配信内容になります。

LINE@限定の配信内容


おすすめは「LINE@限定の情報」を配信することです。

既にメルマガや他のSNSに登録しているお客さまは多いと思います。何かを期待されてLINE@のアカウントを友だち追加している可能性は高いので、メルマガや他のSNSと同じ内容にしてしまうと、お客さまから早々に飽きられてしまい、ブロックされてしまう原因にもなりかねません。

LINE@だけで得られる情報、お客さまが欲している情報を配信することで「LINE@のアカウントを登録しておくといいことがあるぞ」というポジティブな印象を持っていただけます。

例えば、飲食店の場合は日替わりメニューをランチタイムの直前に配信したり、小売店の場合は新商品のひとつをピックアップしてその商品にまつわるストーリーを配信したり、といったことも良いですし、先行販売の情報をLINE@限定で他媒体より先に告知する、その日のリアルタイムな空席情報を告知する、といった内容も良いでしょう。

配信内容に迷ったら、LINE@限定のクーポンから始めてはいかがでしょうか。

まとめ


メッセージの配信内容・企画を考えるには、まずLINE@の配信対象者が「リピーター」であることを理解しましょう。リピーターであるお客さまはどのような配信内容であれば喜ばれるのか、過去成果が出た配信内容なども参考にしましょう。

また、メルマガや他のSNSとの差別化を図ることでお得感を与え、店舗や企業のアカウントに対しポジティブな印象を持っていただくことも大切です。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら