友だちの集め方
LINE@(ラインアット)では、店舗や企業のLINE@アカウントを友だち追加してくれた方に情報を発信したり、コミュニケーションを取ったりすることができます。つまり、より多くのお客さまに情報を届けるには、たくさんのお客さまに友だち追加してもらうことが重要です。

そこで今回は、「友だち集め」について解説していきます。LINE@アカウントを開設後どのように友だちを集めていけばよいのか、イメージが湧かないという方はもちろん、既にLINE@アカウントを運用中で、なかなか友だちが集まらず、思ったような情報発信ができていないと感じている方も、ぜひ参考にしてください。

友だちを集めるには


LINE@の友だちは、店舗や企業がアカウントを開設すれば自然に集まるというものではありません。自分たちで告知をし、広めていく必要があります。友だち集めにおいて大切なポイントは2つです。

・積極的な告知
・友だち追加したいと思ってもらうこと


LINE@アカウントを開設したら、できるだけ多くの人にLINE@アカウントを告知し、友だち追加してもらえるようにしましょう。

LINE@アカウントの告知方法


お客さまへの告知方法は3つ挙げられます。「店頭」「WEB」「広告」です。

1. 店頭
店頭での告知には、以下のような方法があります。

・声かけ
 …レジでの声かけ、QRコード入りのカードを提げたスタッフの声かけ等
・店内掲示
 …レジ・トイレ・試着室にポスターを掲示、デジタルサイネージへの表示等
・ショッパーにチラシを入れる
・メニューに挟む
・店内放送

いずれの方法も、友だち追加用QRコードやLINE IDを告知物に印刷したり、分かりやすいところに掲示したりしておきます(友だち追加用QRコードは、LINE@管理画面から取得できます)。

中でも効果的なのは、レジ周辺に告知を掲出しておき、お会計のときにスタッフがお声かけをする方法です。友だち追加の確率が高くなりますので、ぜひ実践しましょう。

告知用のポスターは、LINE@の管理画面から無料で作成することができます。また、有料の卓上POPやステッカーなど、販促用ノベルティも管理画面から発注することができます。

2. WEB
WEBでの告知には、以下のような方法があります。

・自社サイトやブログ
・SNS
・メルマガ
・ECサイト
 …商品ページ、注文完了メール、チラシを商品に同梱する等
・プレスリリース

自社サイトやブログに、LINE@管理画面から取得できる友だち追加ボタンやQRコードを設置して告知します。

LINE@を友だち追加することのメリットを訴求したページを設け、TOPページにバナーを置いて訴求ページに誘導する方法もよいでしょう。

また、SNSやメルマガでは、友だち追加ボタンが設置できないため友だち追加URLのみ設置し「LINE@だけでおトクな情報を発信している」といったメリットを訴求します。ワンクリックで友だち追加できるため、メールアドレスを入れさせるメルマガよりも簡単に友だちを増やすことができます。

なお、SNSは情報がどんどん流され、古い記事を見てもらえる確率は低いため、定期的に投稿することをおすすめします。

3. 広告
広告を使った告知には、以下のような方法があります。

・フリーペーパー
・地域情報誌orサイト
・折込チラシ
・業種別ポータルサイト
・SNS広告
・リスティング広告
LINE Ads Platform

どの媒体を利用する場合でも、自分の店舗や企業のお客さまの行動をイメージし、最も目に触れやすいと思われる場所に告知を設置することがポイントです。

「友だち追加したい」と思わせる


告知の中には、お客さまが思わず「友だち追加したい」と思うような要素が必要です。最も多く使われているのが「友だち追加で○円(or○%)off」、「トッピングプレゼント」といった、割引や無料プレゼントのクーポンを提供する方法です。

クーポンを出せないという店舗は、LINE@アカウントを友だち追加したお客さまだけが得られる情報を発信します。例えば「友だち追加でセールの情報やLINE@だけのキャンペーン情報が届きます」というような、LINE@だけで受け取れる情報があることをアピールしましょう。

まとめ


LINE@の友だち集めで大切なポイントは「告知が不可欠であること」、「友だち追加したいと思わせること」の2つです。

告知には「店頭」「WEB」「広告」などの方法がありますので、状況にあったものを選び、組み合わせて展開していくとよいでしょう。この時、LINE@の友だちになることで受けられるメリットを併せて告知するのもポイントとなります。

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら