LINE@開設後は何をすればよいの?運用の3ステップ
LINE@(ラインアット)は店舗や企業が集客や広告宣伝に活用できるコミュニケーションツールですが、機能が多くあり、何から手を付けたらいいのかわからない店舗や企業もあるのではないでしょうか。今回はLINE@開設後に行うことを順を追って解説していきます。

運用の流れ


LINE@の運用は以下の流れで行います。
1. 初期設定
2. 友だちを集める
3. 情報を発信する



1. 初期設定


1-1 管理画面にログインできるユーザーを決める
LINE@開設後は、まず管理画面にログインできるユーザーを決め、運用の権限を付与しましょう。店舗や企業の規模にもよりますが、自分以外にもログインできるユーザーを設定することをおすすめします。
[ 「管理者」とは?LINE@の運用権限について ]

1-2 LINE@アカウントの初期設定
・プロフィール写真の設定
・ステータスメッセージの設定
・友だち追加時メッセージの設定
など
[ LINE@の初期設定【PC】LINE@の初期設定【アプリ】]

1-3 公開設定 ※認証済みアカウントのみ
LINEアプリ内の検索結果に表示されるようになりますので、アカウントを広く周知させたい場合は公開設定をしましょう。
[ 公開設定【PC】公開設定【アプリ】]

2. 友だちを集める


LINE@は友だち追加してくれたお客さまに対してだけ情報を発信できます。開設をすれば友だちが勝手に増えるというツールではありません。友だちを集めることが必要です。

自分の店舗や企業のLINE@アカウントをお客さまに注目してもらう方法や友だちの集め方については別記事で詳しくご紹介します。
[ 友だちの集め方 ]

3. 情報を発信する


友だちを集めたら、集めた友だちに対してメッセージやホーム(タイムライン)投稿といった機能を使って情報を届けましょう。届けた情報をきっかけに、お客さまに来店や買い物をしてもらう、という流れになります。

また、定期的に情報を届けることで、同じお客さまに何度も来店や買い物をしてもらえる=店舗や企業のファンになってもらえますので、継続的にLINE@を運用していきましょう。

こうしたメッセージを配信していくことで、1:1トークに移行することもできます。これは、お客さまが店舗や企業のことをさらに詳しく知りたいと考えていることでもあるので大きなチャンスです。また、この1:1トークを活用することで予約も受け付けることが可能になります。

お客さまに買い物や来店をしてもらえる効果のあるメッセージを届けるためにはどのような配信をすればよいのか、ということについては別記事で詳しくご紹介します。
[ メッセージの配信内容・企画の考え方ホーム(タイムライン)の投稿内容・企画の考え方 ]

まとめ


LINE@開設後は、まず「アカウントの初期設定」を行いましょう。その後「友だち集め」を行い、集めた友だちに対して「情報を発信」しましょう。

さまざまな施策・企画で友だちを増やし、有効なメッセージをお客さまに届けることで、店舗や企業のファンとのつながりを強めることができます。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら