LINE@の最適な運用担当者は
LINE@(ラインアット)を運用するには、どのような人が担当者になるべきなのでしょうか。社内の人的リソースを割けない場合は、専門の担当者が必要なのかどうかも気になる点かと思います。ここではLINE@の担当者になるべき人について解説していきます。

LINE@の担当者になる人


LLINE@の担当者は、

・「店長」「アルバイト」
・「メルマガ担当」「SNS担当」
・「マーケティング担当」「PR担当」

といった人がなる場合が多いです。LINE@のために専門の担当者を用意するケースは少なく、業務の合間に十分運用できます。

「店長」「アルバイト」が担当になった場合のメリット


「店長」や「アルバイト」は店頭での接客を通じて、店舗に来ているお客さまがどのような属性でどのようなことをすれば喜ばれるかを知っています。

この経験は配信内容を決める際、よりお客さまの実態に沿った具体的なメッセージに落とし込めるという点で、大きな強みとなります。また、刻々と変わる店舗の状況に合わせ、臨機応変に運用できることもメリットのひとつです。

例えば、雨の日限定のクーポンやお客さまが入りにくい時間帯、少ない時間帯を狙ってクーポンを送る企画は、その店舗(地域)に居る「店長」や「アルバイト」だからこそ、天候やお客さまの動きに機敏に反応して実行できる施策です。

店長がLINE@の担当になった事例では、飲食店にお客さまが入りにくい時間帯の集客を狙って、15時以降にデザートをサービスしたところ、売り上げが前年比110%と大幅にアップした例もあります。
「前年比110%の売り上げに!LINE@で断トツの勢いを実感するレストラン「ラケル」に聞く集客の効果」
http://blog-at.line.me/archives/44459278.html


「メルマガ担当」「マーケティング担当」「SNS担当」「PR担当」が担当になった場合のメリット


「メルマガ担当」「マーケティング担当」「SNS担当」「PR担当」などの店舗や企業の情報発信を担う人たちを担当者にする場合、メルマガやSNSなどのツールに慣れているためLINE@をよりスムーズに操作できるというメリットがあります。

情報発信に長けている点もメリットのひとつです。加えて、メルマガや他のSNSにLINE@の友だち募集の告知を掲載するなど既存のオウンドメディア上でLINE@の告知を行えます。また、今までの施策とLINE@の施策を数値比較することができる点も、このような人を担当にするメリットと言えるでしょう。

担当者を決める前に


LINE@の担当者を決める際、事前に、事業決裁者から「会社としてポジティブにLINE@を実施する意思」を社内に広めておくことは大事なポイントです。

例えば、クーポンなどの割引企画をする際、社内調整もスムーズに進む傾向があります。会社や店舗全体が担当者に協力していく姿勢や体制を作り上げられているかが重要です。

まとめ


LINE@の運用担当者は、「店長」「アルバイト」「メルマガ担当」「マーケティング担当」「SNS担当」「PR担当」といった人が適しています。

そして、WEBサービス全てに共通して言えることですが、どのような人が担当になった場合も、お客さまから収益を上げるためには「どのようにすればお客さまに喜んでもらえるのか」を本気で考える情熱と、スキルが必要です。

スキルについてはWEBマニュアルや、使い方・ノウハウを伝授するセミナーもありますので、運用に困っている方も参照したり参加したりすることができます。担当者がいかに熱量を持って運用していくか、ということが最も重要です。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら