LINE@の運用負担とリソース配分
LINE@(ラインアット)は簡単にメッセージ配信や設定をすることができるツールです。今回はLINE@の運用負担や、運用開始後のリソース配分の一例について解説します。

どのようなリソース配分にすれば効率よく集客・運用できるのか、そのポイントを知りたい方はぜひチェックしてみてください。

LINE@のメッセージ配信自体は10分程度


LINE@の主な機能の1つは、テキストや画像を含むメッセージを配信することです。画面の指示に従ってテキストを入力するだけの簡単な操作ですので、慣れてくると10分程度で配信することができます。

ブログや他のSNSを更新されたことのある方であれば簡単に操作できますし、無料で利用できるフリープランを開設して、実際に管理画面を確認していただくとよりイメージが付きやすいでしょう。

▼LINE@の管理画面
管理画面


「友だち集め」「配信企画」「クリエイティブ」「レポート」に時間をかける


メッセージの配信自体に負担がない分、「友だち集め」「配信企画」「クリエイティブ」「レポート」にリソースを投入することができます。

LINE@で効果を得るためには、特に「配信企画」「クリエイティブ」に、十分な時間をかけましょう。

どのような配信であればお客さまに喜んでいただけるかを考え、店舗や企業のお客さまに合った適切な内容を配信することは大切です。なぜなら、適切な配信を繰り返し、友だちを増やしていくことができれば、お客さまからの反応が自然と収益となって返ってくるためです。

裏を返せば考察・改善の欠けた配信ではお客さまから収益を得ることは難しいでしょう。

LINE@は、配信したメッセージの伝達数やクーポンの使用数、アカウントの友だち数・ブロック数などの統計情報が閲覧できますので、「レポート」でそれらの数値を取得し、次回の「配信企画」「クリエイティブ」に活かすことができます。

また、LINE@でメッセージを配信できる相手は友だちになっているユーザーのみです。開設したばかりのアカウントでは友だちの数が少なく、いくらメッセージを配信しても受け取る人が少ないため、十分な成果につながりません。特にLINE@導入初期は「友だち集め」にリソースを投入することも必要です。

リソース配分の一例


「友だち集め」「配信企画」「クリエイティブ」「設定」「レポート」などの業務負担の割合は、実際にどの程度を想定すればよいのでしょうか。配信頻度を月2~4回と想定した場合の、リソース配分の一例を見てみましょう。

リソース配分の一例

図の通り、配信の「設定」で必要となるリソースは少なく、残りを「友だち集め」「配信企画」「クリエイティブ」「レポート」に充てることができます。友だちをどのように集めるか、お客さまが喜ばれそうなメッセージとはどのようなものか、配信頻度はどのくらいがベストか、などを考えましょう。

統計情報を確認できるようになったら、配信した結果どのような反応が得られ、それを次の配信でどのように活かすか、といったことに時間をかけることを意識して運用していきましょう。1回の配信でさらに効果的に集客できるようになり、売上アップにつながります。

まとめ


LINE@ではメッセージ配信や設定など操作に関わる負担は少ないです。そのため、「友だち集め」「配信企画」「クリエイティブ」「レポート」に時間をかけることができます。

この部分に時間をかければかけた分だけ、よりお客さまに合った適切な配信ができるようになり、効果を得ることができるでしょう。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら