他のSNSとの違い
販促ツールとして他のSNSを既に利用している店舗や企業は多いでしょう。ここでは、LINE@(ラインアット)と他のSNSとの違いについて解説していきます。

LINE@の強みはユーザー数と情報伝達力


以下はLINE@と他のSNSの特徴をまとめた表です。
他のSNSとの違い_表
他のSNSと比べたLINE@の強みは、大きく2つあります。

・ユーザー数
・情報伝達力


日本国内で月間7,100万人(※2017年9月時点)以上かつ月間アクティブユーザー数が70%以上というLINEのユーザー数は他のSNSに比べ圧倒的に多く、そのユーザー層に対してアプローチできる「ユーザー数」がLINE@の強みです。

また、配信したメッセージは、お客さまが日常的に利用されているLINEに直接、届きます。友人や家族とコミュニケーションを取っている最中にポップアップなどで通知されます。他のSNSは、そのアプリやページを開かないと気づかない、見過ごす情報もありますが、LINEではダイレクトに情報をお届けできるのです。こうした「情報伝達力」が他のSNSに比べ高いことが強みです。

LINE@の役割


リピーター獲得、顧客ロイヤリティの向上にLINE@を活用し、他のSNSでは情報拡散するケースが多いようです。リアルタイムに情報を伝達したい、売上を上げたいという場合にLINE@を活用することをおすすめします。

あなたの企業SNSは売上を発生させてますか?


なんとなくSNSをやっている、ブランディングのため、など売上に直接つながらない運用を行っている状況も少ないかと思います。LINE@ではぜひ経由売上やクリック率などを計測してみてください。正しい運用をしていれば、きっとお役に立てるかと思います。

まとめ


他のSNSと比較した場合のLINE@の強みは「ユーザー数」「情報伝達力」です。LINE@、メルマガ、他のSNSをバランスよく活用して集客にお役立て下さい。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら