「とりあえずやってみるタイプ」と「導入前に考えるタイプ」
LINE@(ラインアット)を導入される方は大きく2つのタイプに分かれる傾向があります。「とりあえずやってみるタイプ」と「導入前に考えるタイプ」です。

タイプが分かれるのは、担当者の考え方によることもあれば、担当者が置かれている状況によることもあります。ここでは、それぞれのタイプについて解説していきます。

とりあえずやってみるタイプ


LINE@を導入される方で「とりあえずLINE@を始めてみた」という方はとても多いです。このタイプの方は、

・新しいものにはまずトライする
・迷っている時間やチャンスを逃すかもしれないことのほうがリスクだと考える
・運用しながら、売上の増加に向けて最適化を行う

といった考えを持ち行動している傾向があります。

闇雲に新しいものに飛びつくのではなく、その時代に合ったチャレンジをし続けること、適応していくことは非常に重要な行動だと言えます。

かつ、すべての商売・ビジネスで成功する保証はありませんので、成功するかどうかを危惧して足踏みをし続けるよりも「まずトライする」ことも必要な姿勢と言えるでしょう。

導入前に考えるタイプ


事前に情報を収集し、じっくり検討した後にスタートする方もいます。

担当者がLINE@で結果が出るという確証を持ってから取り組みたい、または会社の稟議を通すために一定の成果を見せる必要がある……など、理由はさまざまです。

このタイプの方の場合、「何の課題を」「どう解決させるか」といった視点から、店舗や企業にとってのLINE@の役割やポジションを明確にすることが重要です。例えば、

・今期の売上拡大のための新しい販売チャネルとして導入する
・お客さまとの接客・コミュニケーションツールとして導入する
・メルマガ・SNS経由での売上減少の対策案として導入する

といったことが挙げられます。

店舗や企業にとって、また、店舗や企業のお客さまにとって、どのような影響があるかを検討しなければ進行できない場合もあるでしょう。

誰が、いつ、何を、どうやって、役割やコストは…など、さまざまな課題の解決策について、LINE@公式ブログでも情報をまとめてお伝えしていきます。

どちらのタイプも正解、そしてどちらも「成功」の保証はない


店舗や企業、担当者の状況にはさまざまなケースがあるため、どちらの判断も正解だといえます。

そして、すぐに判断する場合も、悩み抜いた場合も、ビジネスにおいて「成功」は保証されませんし、失敗することもあります。

LINE@は、導入するだけで勝手に売上がアップする魔法のツールではありません。また、いきなり100点満点の運用をすることは容易ではないです。ただ、1~3カ月の間、積極的に運用を続けることで、店舗や企業のお客さまにマッチした運用ができるようになるでしょう。

LINE@は、事業規模や利用したい機能に対応したプランが選べます。まずはフリープランでコストをかけずにスタートし、効果を見ながらプランを変更するのもいいでしょう。運用しなければ分からない出来事を体感してみるのも、成功を得るために必要なステップです。

まとめ


店舗や企業がLINE@を導入した経緯はさまざまですが、「とりあえずやってみるタイプ」の「運用しながら、売上増加に向けて配信内容を最適化する」という考えを持ち行動されている方のほうが、より短期間で、自社がターゲットとしているお客さまに対して適切な配信をできるようになるため、運用がうまくいく傾向がある、といえるかもしれません。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら