どのような店舗・企業が導入すべきか
LINE@(ラインアット)導入を検討中の方の中には、どのような規模や業種の店舗・企業がLINE@に向いているか、知りたい方も多いでしょう。ここではLINE@を導入すべき店舗や企業について解説していきます。

企業規模は問わない


LINE@はさまざまな規模の店舗や企業で活用されています。

例えば、個人経営の町の小さなパン屋さんであれば、月1回抽選クーポンを配信して、リピーターを増やしています。
大手百貨店に出店している高級商材を扱うハイブランドでは、最新情報やコンセプトなどをLINE@で配信して、お客さまからの関心を高めています。

また、電話番号が個店単位で存在しているように、LINE@も個店単位でアカウントを取得し運用できます。そのため、個店ごとのキャンペーンやメニュー情報をお客さまに届けることができます。

このようにLINE@は企業規模や売上高に関わらず活用することができます。

業種・商材も問わない


LINE@は、飲食、小売、ファッション、美容室、通販サイト、自動車販売などさまざまな業種で活用されています。

飲食店であれば、日替わり・週替わりメニューの情報を、ファッションや通販であればセールの情報を必要な時にお客さまへお知らせすることが可能です。即時性も持つため、タイムセールのご案内にもご活用いただけます。

また、商材については、例えば、日用品や雑貨など単価の低い商材から、不動産や自動車などの高額な商材まで、幅広い金額の商材でLINE@は売上に貢献できるといえます。

まとめ


LINE@は、地域を問わず老若男女に使われているLINEを通してお客さまにアプローチできるツールです。つまり、居住地や年齢・性別を問わず、商材に関する情報を適宜提供することが可能なため、LINE@はあらゆる企業規模・業種・商材で活用できるツールであるといえます。

また、特に専門的な知識を持った方でなくとも、店長さんや企業のWEB担当者の方などが、業務の合間に運用することができるツールです。ぜひ集客にご活用ください。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら