LINE@は「リピーター獲得」にこそ力を発揮するツールです
LINE@は、「見込み客・リピーター」とのつながりを強めることに適したツールです。

ここでは、LINE@のコミュニケーションの対象範囲と、リピーターの重要性について解説していきます。

LINE@の対象範囲は「見込み客・リピーター」


LINE@は、店舗や企業のアカウントを友だち追加してくれたお客さまに対して情報を発信することができます。すでに認知している、来店しているお客さまでないと友だち追加は行われませんので、LINE@のコミュニケーション範囲は「見込み客・リピーター」となります。

LINE@は、店舗や企業のお客さま・ファンの方とのコミュニケーションを活性化するツールであり、「お客さまと中長期的にLINEでコミュニケーションを取りたい」「売上をアップさせたい」といった方に適したツールです。

新規客の獲得だけを求めている方へ


「新規客の獲得」だけの課題解決を求めている場合、LINE@のみで解決することは難しいかもしれません。

なぜなら、ターゲットとなるお客さまが店舗や企業の存在自体を認知していない状態では、店舗や企業のLINE@アカウントがあることも知らないケースが多いためです。

「単発的な新規客」ではなく「継続的な売上」を増やしたいお店であれば、まずはお客さま一人一人に対してLINE@アカウントが存在することを熱心に伝え続けることが必要です。

店舗や企業のLINE@アカウントの存在をお客さまに認知していただくには、主に以下の方法が挙げられます。

・店頭での告知やスタッフからの声かけ
・店舗や企業のSNS
・店舗や企業のメルマガ、自社サイト、ECサイトなど
・LINEアプリからの検索 ※認証済みアカウントのみ検索結果に表示


上記のような方法で集めたお客さまに対して、LINE@を活用して情報発信やコミュニケーションを取りましょう。その結果、売上アップにつなげることができます。

リピーター対策はビジネスでは重要な施策です


「穴の空いたバケツに水を注いでも、水はたまらない」

店舗販促やマーケティングにおいてよく聞かれる言葉ですが、お客さま=水、サービス=バケツと例えた場合、穴の空いたバケツ(=サービス)に水(=お客さま)をどれだけ注ぎ込んでも水(=お客さま)は増えない、ということがいえます。

バケツに水を満たすためには、新規客だけを追い続けていては意味がなく、流れてきたお客さまをいかにリピーター化させバケツから流出させないか、ということが重要です。

・新規に来店してくれるお客さまの獲得だけを追い求める
・リピーター対策を行い、一度来店したお客さまと中長期でつながり続ける

新規獲得の前に、まずは後者の施策をしっかりと実施してリピーターを獲得し、穴を最小限まで塞いだ上で新規のお客さまを流し込む、というほうが集客に成功し収益を生みやすい、といえるケースは多々あるかと思います。

まとめ


LINE@はリピーター対策に効果を発揮する集客ツールです。

店舗や企業のことを全く知らない新規客を集める前に、ビジネスにおいて重要であるリピーターを獲得できれば、売上アップも十分期待できます。ぜひ集客・売上アップにLINE@を活用してみてはいかがでしょうか。



この記事で問題解決しましたか?

問題解決した   問題解決していない

LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら