TOP画像2
20~30代の若年層に人気のストリート系ブランド「APPLEBUM」。
ブラックカルチャーや音楽の要素をデザインに落とし込み、大胆で特徴のあるアイテムをオンライン販売しています。現在はECサイトのみの運営で、実店舗を持たない環境でありながらも、根強い人気があります。株式会社トライアングル・オーでLINE@を担当している大塚さま、青柳さまにLINE@の活用方法を伺いました。

「まずはやってみよう!」

――LINE@導入までの経緯を教えてください
もともと知人がアパレル会社でLINE@を運用していて、「集客がすごく伸びた」という話しを聞きました。そこでLINE@を紹介してもらったのですが、知人のお店では実店舗で運用しており、ECサイトしか持たない私たちがどのように利用できるか不安がありましたが、「まずはやってみよう!」ということで導入をしました。


1回の配信で、友だちの約30~40%がオンラインストアを訪問!

――実際に効果のあった施策を教えてください
私たちのECサイトでは、新商品を土曜日に発売しているのですが、その時のLINE@経由の訪問者数は、友だち数が約1,200人に対して、多い時で500人くらいでした。
今は、週6回のメッセージ配信をおこなっていて、1日に約30~40%のお客さまがオンラインストアを訪れてくれています。
以前は週1回だけの配信だったのを週6回に分散させたことで、1日1商品ずつ、商品のテーマや作られた経緯などについて詳しい情報をお客さまに伝えられるようになりました。例えば、Tシャツに描かれている人物やデザインについての背景を詳しく紹介することで、お客さまにより深く理解していただき、魅力を感じてもらった上で商品をご購入いただけると嬉しいです。
インタビュー風景



――LINE@でおすすめの機能を教えてください
リッチメッセージとメッセージ配信ですね。今はリッチメッセージをメインで利用していて、オンラインストアへのリンクを貼ってお客さまにアプローチしています。他には、イベントを開催する際に、タイムラインを利用して告知をしています。
時代の流れだと思うのですが、昔はセレクトショップなどのお店にお客さまが足を運んで、店内の商品やディスプレイを見て、店員さんと親しくなって情報を得るというような事がありました。
ここ最近の若い子ですと、もう生まれた時からSNSやインターネットが普及していて、こっちからアピールをしないとなかなか来てもらえないという事情があります。そんな中で、LINEはプッシュ通知で確実にお客さまの目に届くというシステムのため、半強制的にお客さまに見てもらえる点がすごく良いなと思います。
リッチメッセージと商品サイト2



――友だち集めはどのようにされていますか?
現在は2つの方法があります。1つ目は、ECサイトで商品を購入していただいたお客さまに、QRコードが記載されているカードを同封してお送りしています。商品を受け取ったお客さまが、そのカードを見て友だち登録しています。
2つ目は、オンラインサイトに「LINE@をはじめました」というバナーを掲載していて、そこからも友だち登録して頂けるようにしています。
Card_and_webpage
加えて、LINE@の導入当初、その他のSNSを使って「LINE@をはじめました」という告知をしたのですが、1週間で約900人もの方に友だち登録して頂くことができました。そこからは1ヶ月ごとに約100人ずつ増えています。


――運用面で工夫していることや気をつけていることを教えてください
インスタグラムやツイッターといった他のSNSも利用しているのですが、そこでの内容とLINE@で配信した内容が被らないように注意しています。また、同じ商品でも画像によって見せ方を変えるなど、違う切り口でアプローチすることでお客さまを飽きさせないようにしています。基本的に、LINE@ではデザイン、インスタグラムではスタイリングを重視して配信しています。また時間帯に関しては、基本的に平日は夜の8時、商品発売日の土曜日は朝10時と決め、ユーザーの帰宅時間や通勤時間、お出かけ前のタイミングを狙って配信しています。


――これからLINE@をはじめる方へアドバイスをお願いします
LINE@の最大の魅力は、配信した後の「見てもらえる確率」や「開封率」が、他のSNSに比べると格段に良い点です。使い方に関しては、LINE@には様々な機能があるので、上手く使い分けることはもちろんのこと、LINE@ならではの情報を配信することで、より魅力的なものになっていくと思います。うちはブランドイメージがあるため、クーポンで割引といった事はしていません。また、ECサイトのみの運営なので、商品の魅力をプッシュ通知で確実にお客さまの目に届けられるLINE@はとても効果的なアプリだと思います。さらに、リッチメッセージを活用することで、商品の見た目や、魅力的なイメージをお客様に伝えることが出来ると思います。


――ありがとうございました








この記事は参考になりましたか?

はい   いいえ


LINE@お申込みはこちら

LINE@の資料請求はこちら